本文へスキップ

小規模マンションを買って実際にあったトラブル

実際にあったトラブル例

自転車のとめかたを注意された

マンションでの自転車置き場については、頭をかかえます。

そもそも、世帯数、家族数に対して駐輪場の数が足らない?!のではないでしょうか。
こちらについては、そもそも、駐輪場が足らないで書きますね!
話を戻して、今回、実際にあったトラブルは、

  • 一時的にとめているだけなのに、注意された
  • さらには、自転車を移動させらた
  • その移動先には、「○月○日に、管理組合にて自転車を処分します」と張り紙をはられた

というトラブルです。

わかりますか?

状況としては、駐輪場はあります。
いつも、そこにきちんととめています。

しかし!
買い物をして、荷物がいっぱいで、その荷物をおろして部屋に置き、すぐに自転車に戻って出かけるので、駐輪場に置かずにマンション敷地内にわずか5分ほどとめていました。
決して良いことではないと思います。

しかし!しかし!
これがダメなら、小さいお子さんがいる家庭は不便ですよねー。
足の不自由なお年寄りは不便ですよねー。

さらに!
来客の自転車を、滞在時間中もとめてはいけない!ということでしょうか。

怒りしんとうですっ。
ワタシのココロが狭いのはわかっています。
ルールにのっとって、きちんと駐輪場にとめればいいだけ。
ワタシが悪いだけー。
広いココロを持ちたいなぁとも思っています。

また、管理会社がこんな対応をしているのも、不法投棄のような自転車があるからだと推測ができます。
しかし!あなた方が移動したワタシの自転車は、

  • ピッカピカの3人乗り自転車で現役感バリバリ!
  • ハンドルロックが自動でかかるので、無理やりハンドルを動かして移動することでギアが壊れてしまった
  • 風よけのリアカバーは、ハローキティで、だれがどう見ても、投棄自転車とは思えない!

のです。

やりたいことが出来ずに、一生懸命義親孝行しにやってきている嫁の自転車にイチャモンをつけているのです。
(おっと、またまたココロの声が出てきました 笑)

自転車が壊された!ってなれば、ワタシも戦おうと思うのですが、移動させられたり、張り紙をされたりだけだと、イラっとくるのを抑えるだけです。
しかし!
このイライラがつのるのが、ワタシの気性に合いません。

皆さんはいかがでしょうか?
この記事を読まれている方は、何かしらのトラブルに合った方もいるのではないでしょうか。
そして、こんなイライラが毎日続くのです。
解決策を取ろうとすると、またぁ、トラブルが増える?と思うとただただジッと耐えるしかありません。


ちなみに、最近、自分の玄関ドアの脇に子ども用自転車を止めている階が目につきます。
エレベータに乗っているときに目に入ってきました。
こちらも、そろそろトラブルになるのでは?と思います。
なぜなら、廊下は共用部になりますから。

ふぅ、困ったもんです。
高い買い物をしたのに、自転車1つ、好きな場所にとめれないなんて…
そして、そのストレスがどんどん溜まっていくなんて…

自転車問題のポイントは、

乗らない!こと。

うちの人が言っていました。
子育てが落ち着き、3人乗り自転車が不要になったら、大人は自転車を放棄しよう…と。
よくもまぁ、勝手な事をいうもんですっ 笑
自転車が無くて、重い荷物を持って買い物に行けますが!ってなもんです。
でも、そうなる日も近いかもしれません。

だって、文句を言えないイライラがつのっていくなんて、身体によくありませんからっ!

関連記事

  • 下の階の人から「うるさい」と言われる
  • 自転車のとめかたを注意された
  • そもそも、駐輪場が足らない
  • 車のとめかたを注意された
  • 急に駐車場を無くそう運動が始まった
  • 小規模なので「村」のような感じになってきた
  • 変わった人が1人出てくると、毎日がブルーになる
  • そういう人にかぎって、管理組合の理事に立候補すると言い出す 笑
↓↓あなたオリジナルの家づくり計画書をすべて無料でお作りいたします♪